シーシャは紙タバコや電子タバコと何が違う?シーシャのミニ知識を紹介

当サイトではシーシャのミニ知識を紹介しています。
日本でタバコと言えば紙に巻いているものや電子タバコが主流であるため、これらと何が違うのかという疑問を持っている人もいるかもしれませんが、違いを知っておけばシーンや気分によって使い分けることもできるでしょう。
また日本でも水タバコの愛煙家が増えています。
近年ではバーも存在していて、フレーバーを交換して長く滞在できるとして人気があります。

シーシャは紙タバコや電子タバコと何が違う?シーシャのミニ知識を紹介

従来のタバコを今でも楽しんでいるけれど、シーシャにも関心があるという人もいるのではないでしょうか。
もしこれからシーシャを試してみたいと考えているのならば、ミニ知識を押さえておくと良いかもしれません。
日本ではまだそれほど一般まで普及しているとは言えない状況ですが、これから多くの人が気軽に楽しむ時代が来る可能性もゼロではないはずです。
トレンドをいち早く取り入れて流行の先端をいくのが好きならば、まずシーシャのミニ知識をチェックするのがおすすめです。

シーシャはゆっくり吸って寛ぐのが一般的な楽しみ方

シーシャは中東を中心に使用されていた水タバコですが、近年はSNSで話題になることも多く国内でも若者を中心に人気を集めるようになってきています。
シーシャ自体は専用の器具を使用しながら、煙を水のフィルターを通して吸う独特な喫煙スタイルであり、紙タバコや電子タバコのような吸い方と大きな違いがあるため国内で楽しむためには、専門カフェやバーなどの店舗に出向いて喫煙をする方法が一般的になっています。
近年愛好家が増えているシーシャの楽しみ方は、従来のタバコのように煙を肺に入れて楽しむのではなく、煙を吸うことでフレーバーの風味を味わうという違いがあります。
そのため肺に入れすぎてしまうと、かえってフレーバーの香りが弱くなるので肺に溜めすぎない程度に吸い込み、ゆっくりと吐き出すという方法がおすすめです。
初心者は無理に吸い込んでしまいむせてしまうことが多いので、まずはゆったりとした気持ちで吸い吐き出すといったくつろぐスタイルが重要になります。
これによりフレーバーの甘くマイルドな風味が楽しめ、心身ともにリラックス効果を得ることができます。

シーシャカフェは初心者でも楽しめる

これまで水タバコを吸った経験がないので、初心者が楽しめるか不安だという人に最適なのがシーシャカフェと呼ばれる店です。
水タバコを楽しむための設備が整えられているだけでなく、スタッフが吸い方などを分かりやすく説明してもらえるおかげで、初心者でも混乱せずに味わいを楽しめます。
おすすめのフレーバーなどもスタッフが教えてくれるので、どの味を楽しめばいいのか分からないという人にも最適です。
日によってフレーバーの価格が割引される場合もあり、価格的にお得なフレーバーもおすすめしてもらえます。
吸い方だけでなくマナーなども含めて、初心者が知りたい情報を全て学べるのも魅力です。
シーシャだけでなくスイーツなどのグルメを楽しめる場合もあり、小腹が空いた時にも通いやすい空間として初心者からも愛されています。
ジャズなどのBGMが流れていたりと店舗によって雰囲気も違うので、自分の好みに合う店に足を運んでシーシャを楽しむことをおすすめします。

シーシャは煙の量が多いので大迫力

水パイプを使うシーシャは水タバコとも呼ばれ、煙が水を通るのでマイルドな味わいです。
煙の量が多いので、専門店で吸うと大迫力の雰囲気を楽しめます。
シーシャは中近東で発明され、インドの北部や中国などの国にも広がります。
現在でも中近東のイスラム圏では、多くの人が喫茶店で水パイプを堪能しています。
シーシャはタバコを燃やす火皿と管、水を溜める壺が特徴の喫煙具です。
水を通して、長いホースからフレーバーを味わうスタイルになっています。
煙草の葉には様々なフレーバーが付き、吸い始めると甘い香りが店内に広がります。
水タバコは燃焼時間が長く、中近東では喫茶店などに客が集まり水パイプと雑談を楽しんでいます。
シーシャはタバコの煙とフレーバーの蒸気が同じ割合で含まれているので、一般のタバコに比べてタールもニコチンも少ないです。
水タバコの煙は軽く、ニコチンやタールを含まないフレーバーもあります。
最近は都市部を中心に、初心者でも気軽に水タバコを楽しめる専門店が増えています。

シーシャバーは独特な雰囲気が魅力

シーシャは中東で普及している水タバコと呼ばれるタバコの1種で、様々なフレーバーを自分の好みでブレンドしタバコの煙と一緒に吸うことで、独特のリラックス感を得ることができるものとなっています。
日本でもいくつかのシーシャを楽しめるバーがあり、比較的大きな喫煙具でたしなんでいる人が多いため、独特の雰囲気があります。
中東で流行しているものであることから、店内はその地域のイメージを醸し出すインテリアを持っているところが多く、また日本に在住の外国人なども多く来店していることから、それぞれの国を思わせるような独自の空気を醸し出している特徴があり、単にシーシャを味わうだけでなくその雰囲気を味わいたいと言う人も多く来店しているのがポイントです。
店内の音楽なども現地のものを流していると言うことが多く、その空気感とシーシャの香りが充満していることから、日本でありながら別世界に入り込んだような感覚を味わうことができます。

シーシャに関する情報サイト
シーシャのミニ知識

当サイトではシーシャのミニ知識を紹介しています。日本でタバコと言えば紙に巻いているものや電子タバコが主流であるため、これらと何が違うのかという疑問を持っている人もいるかもしれませんが、違いを知っておけばシーンや気分によって使い分けることもできるでしょう。また日本でも水タバコの愛煙家が増えています。近年ではバーも存在していて、フレーバーを交換して長く滞在できるとして人気があります。

Search